設計のツボ

SS400とSPCC(SPHC)の選定にお困りの方はこちら

板材を使って部品を構想するとき、あなたはどのような材料選定を行っていますか?特にSS400とSPCCとは同じ板材であり、板厚もよく似たものがありますよね。SUS材であれば、用途もはっきりしていますが、SS400とSPCCとは用途も似ていて、どのような使い分けをすればいいのか迷うときってありませんか?

 

 





 

材質SS400とSPCC(SPHC)の規格寸法とは?

 

SS400で主に板材の規格寸法は何があるのかご存知でしょうか?一般的な板材の規格寸法は次の通りです。

SS400kikaku01

SS400 KIKAKU

 

詳細はpdfを見て頂けるとわかりますが、板厚がt5,t6,t8,t9,t10,t11・・・・・となっています。

 

規格としては、たくさんありますが、実際に使う頻度が多い板厚や業者が取り揃えている板厚がありますので、すべての板厚が使えない場合もあります。

 

一方、SPCC(SPHC)の板材の規格寸法は次の通りです。

t1.6,t2.3,t3.2,t4.5,t6.0,t9.0,t12.0,t16.0,t19.0,t22.0

SPCC01

SPHC01

 

ここで注目したいのは、板厚がどちらもある(または近い)ものです。

 

例えば、t4.5とt5.0とか、t6.0とか、t9.0などですね。板厚が同じもので違う材質のもの。私は気になりましたね。SS400でもSPCC(SPHC)でも手に入りやすさや価格の安さはほぼ同じ程度だと思います。では、設計者はどうやってこの材質を使い分けるのでしょう?

 





 

部品形状に合った使い分け

 

例えば、あなたが考えている部品がガード類ならば迷わずSPCCやSPHCを使った、いわゆる”板金”を選択するでしょう。ガード類とは、装置の外側に付く部品ですね。車で言えば、ボディに相当しますし、装置で言えば、カバー関係ですね。こんなイメージです。

383AB

 

 

工作機械のイメージ

images

 

板金素材の中でも薄板は、プレス機械によって曲げられたり、タレパン機械によって打ち抜かれたりすることで成形されます。薄板(SPCC)の特性上、比較的やわらかく、曲げやすい特徴を持っています。

 

また、SPCCなどは素材が綺麗ではないので、最終的に加工した部品は塗装がセットになります。

 

なので、曲げ加工ができる薄板(t3.2とかt4.5ぐらいまで)で、部品を構想するのであれば、SPCCを選択することになります。一方、薄板でも少し厚めの鋼板(t6やt9)となると、SS400を選択します。特に、曲げ加工ではなく、機械加工(切削)が必要な部品には、SS400を選択することになります。

 

例えば、板材にベアリングをはめ込むといった場合には、t9やt12などの板材に機械加工ではめ合い公差の入った穴加工を施すというような使い方になります。鋼板の製法から見ると、SPCCは冷間圧延鋼板及び鋼帯なので、一般的には薄い板となり、SS400は一般構造用圧延鋼材なので、厚めの板になります。

 

一見、板厚が同じものでも製法がまったく違いますので、鋼板の特性も異なり、必然的に使い分けもできるということになります。感覚的には、曲げ加工で済む部品にはSPCCを選び、機械加工が必要な場合には、SS400を選ぶという使い分けになります。

 





 

さらに、別の角度からの選択基準

 

少し違った角度からSPCCとSS400の使い分けを見てみましょう。

 

arrow_black素材の仕上がり

 

素材の仕上がりを見比べると、SPCCは表面があまり綺麗ではありません。物によっては多少錆などが残っています。そのため、成形後は塗装がセットになります。

5bc_w298

 

ですが、SS400は比較的表面の仕上がりは綺麗です。そのままでも行けそうですが、錆止め用のメッキ処理を施します。三価クロメートなどが一般的でしょう。

 

 

arrow_black強度

 

SS400はSPCCよりも強く、S45Cと同じくらいになります。若干SS材は劣ります。引張り強さで比較すると、SS400は、引張り強さが400~510[N/mm^2]の間。S45Cは、生材でも570[N/mm^2]以上はあります。

 

SS材の強度と同じくらいであることがわかると思います。ちなみに、SPCC材は引張り強さは270[N/mm^2]以上となっています。この点から、強度が必要だなと感じたら、迷わずSS400材を使うことが一般的と言えます。

 

SPCC材とSS400材の使い分けは以上となります。ご参考になりましたでしょうか?

では。

 





 

ピックアップ記事

  1. ステッピングモータの選定計算を事例を使って解説
  2. ボルト強度計算 サイズと本数はどうやって決めるの?
  3. モータ選定で必要なイナーシャ計算の求め方とは?
  4. 圧縮コイルばねの計算とは?バネの設計方法

関連記事

  1. 設計のツボ

    ねじ、ボルトの種類とは?用途ごとの使い分けとは?

    ボルトってたくさん種類があるけど、実際に設計段階で使うボルトはごく限ら…

  2. 設計のツボ

    中国のGB規格とは?材料寸法まとめはこちら!

    今回は、中国素材であるGB規格について紹介します。日本のJIS規格とは…

  3. 設計のツボ

    公差とは?寸法公差や幾何公差を本質から学ぶ

    私も学生時代に「公差って何だろう?」と疑問に思っていたことを思い出しま…

  4. 設計のツボ

    板金部品を設計するためのハウツー

    板金と聞けば、一般の人は自動車のバンパーやキズ、へこみ修理を思い浮かべ…

  5. 設計のツボ

    括弧寸法の使い方をここまで細かく語るエンジニアはいない

    図面の中に表記される括弧寸法ですが、みなさんどのようにお使いですか?何…

  6. 設計のツボ

    タップの規格にはどんな種類がある?タップに関するQ&A

    本日(2015/12/20)テレビドラマ下町ロケットが最終回でしたね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

設計のツボまとめ

  1. 計算方法

    ステッピングモータの選定計算を事例を使って解説
  2. 設計のツボ

    中国のGB規格とは?材料寸法まとめはこちら!
  3. 計算方法

    圧縮コイルばねの計算とは?バネの設計方法
  4. 設計のツボ

    切削加工とは?加工コストを抑えるために技術者がやるべきこと
  5. 設計のツボ

    ねじ、ボルトの種類とは?用途ごとの使い分けとは?
PAGE TOP