中国のGB規格とは?材料寸法まとめはこちら!

今回は、中国素材であるGB規格について紹介します。日本のJIS規格とは異なる点があり、設計者にとって調べるのもひと苦労だと思います。そこで、私が実際に中国素材を使った設計で使っているGB規格の寸法表を材料ごとに分類し紹介します。


 


中国のGB規格とは?どんなもの

 

中国で設計する場合、または中国向けに日本で設計する場合に必ず出てくる言葉が、この「GB規格」となります。

 

このGB規格とは、中国国家として統一が必要とされる技術的な要求について定めた「国家標準規格」の意味です。簡単に言ってしまえば、中国版のJIS規格みたいなものです。設計者は、JIS規格を知らないと部品設計ができないように、中国のGB規格を知らないと中国での部品設計ができません。

 

特に板材などの規格寸法や丸棒のサイズ、ロール管サイズ、ステンレス材のサイズなどは設計者は把握する必要があります。ただ、基本的に材料の分類は日本と同じで、規格寸法が日本とは若干異なるといった感じなので、すぐに覚えられると思います。

 

では、私が実際に参考にしているGB規格の寸法表を材料別にご紹介しようと思います。ひとつひとつ材料ごとに調べると手間なので、この記事ではある程度材料を網羅した形で紹介します。

 



 

平板鋼材、丸鋼材(GB規格)

 

日本でいう”SS400材”のような材料です。熱間圧延鋼材の製法となります。ここではSS400とSS400DのJISとGB規格の比較となります。まずは、平板鋼材(SS400)です。

SS400_GB01

 

これが実際に私が使っている比較表です。すべてを網羅しているわけではないですが、ほとんどこの表を使って設計しています。続いて、丸鋼材(SS400D)です。

SS400D_GB01

 

こちらも、調べたものや直接中国工場へ問合わせて作った表なので、大体、網羅していると思います。

 



 

角パイプ(GB規格)

 

次に、角パイプになります。角パイプは、少しずつ日本の規格と寸法が違っていたり、板厚が異なっている傾向になります。設計の際には、常にこの中国素材寸法を確認しながら、設計を進める必要があります。

 

一般鋼板の角パイプGB寸法はこちらです。

kakupipe01
kakupipe02

 

詳しく見るとわかりますが、同じサイズのものもあれば、微妙に違うところもあります。

 
板厚は完全に違いますね。
 
日本の規格寸法で設計して、いざ図面ばらしを行うときになって、板厚やサイズを書き直ささなくてもいいように注意が必要ですね。

 



 

ステンレスパイプ(GB規格)

 

中国の規格としては、板厚の種類が日本規格よりも豊富に揃っていますが、実際のところ、加工業者がすべてを揃えているとは限りません。また、設計上、0.7と0.8の板厚の違いを考慮するなーんて、シビアな業界はあまりないと思われます。自動車業界は別かな?

 

中国規格のステンレス材でも、通常の鋼板と同様、キリの良い数値で板厚を指定するほうが無難だと思われます。ステンレスパイプのGB規格寸法はこちらです。

kakupipe01(sus)
kakupipe02(sus)
kakupipe03(sus)
kakupipe04(sus)
kakupipe05(sus)
kakupipe06(sus)
kakupipe07(sus)

 


板金類(GB規格)

 

板金関係は使う頻度も多く、中国設計においては常に気に留める必要があります。違いと言えば、板厚が0.1や0.2違うだけなので、世界と比べると、日本だけが板厚がおかしいのかな?と思うこともしばしばあります。

 

普通に考えて、t3.2よりもt3.0がキリがいいし、なぜ?3.2なの?と思わなくもないです。ここら辺の疑問はまた別の機会に紹介するとして、板金のGB規格はこちらになります。

SPCC_GB01
 



 

その他、形鋼のGB規格

 

その他にも、H形鋼やI形鋼、溝形鋼など決まった形状の鋼板を使う場面も多々あります。そんなときに役立つサイトがこちらです。

arrow_black GLOBAL STEEL

 

こちらのサイトは私もよくお世話になっているサイトでして、いろんな形鋼のGB規格が記載されています。ところどころ、整備中なページもありますが、ほぼ一般的な形鋼は記載されていますので、利用すると便利だと思います。

 

今回は、中国素材であるGB規格の寸法についてご紹介しました。

 

GB規格は調べるだけで、とても時間がかかりますので、こういったまとめページがあるだけでとても便利だと思います。他にも、パイプ類の化粧管やシームレス管などもありますので、記事にしようと思います。

 


コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

グループサイト